基礎化粧品

化粧品による保湿ケアとしみやしわの関係

普段から、保湿効果の高いスキンケア化粧品を使うことで、しみやしわのないなめらかな肌になることが可能です。年齢を重ねるごとに、コラーゲンは少なくなる一方ですから、肌の保湿力の低下は、必ず起こりうるものです。お肌は、コラーゲンが少なくなると乾燥しやすくなりますので、しみやしわが多くなり、肌荒れもふえてきます。

コラーゲンが減少することで肌が刺激を受けやすくなったり、角質のバリア機能が低下したり、ターンオーバーが乱れて肌の再生速度が遅くなったりするのが肌の老化の原因です。コラーゲンが少なくなるままにしておくと、皮膚の老化はますますひどくなりますので、早々にアンチエイジングケアをしておきましょう。

市販の化粧品の中には、保湿効果や、抗老化作用が得られる栄養成分が使われているものが多いですから、その中から自分に合うものを探すことです。コラーゲンが足りず、しみやしわが消えない場所があれば、コラーゲンを含んだ化粧水や、コラーゲンの生成力を高める成分を配合した化粧水を使います。

皮膚の保湿力を向上させ、しみやくすみを目立たなくするための栄養成分は、コラーゲン以外にもありますので、皮膚につけてみてください。セラミドや、ヒアルロン酸、プラセンタなど、美肌効果があるという栄養素は色々とありますので、基礎化粧品を選ぶ時の指針になります。美容成分が配合されている化粧品を積極的にスキンケアに取り入れて、たっぷりと肌に水分を補給して、うるおいを保つのがポイントです。

ピーリング剤や、美容パックでお肌に張り付いていた古い角質層を取り除くことも、美肌ケアには有効です。化粧水は保湿効果のある成分が配合されているものを使い、年をとったことでお肌が失いつつあった保湿力を底上げしてあげることで、美容効果が高まります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です