基礎化粧品

美容液の化粧品としての役割や効果

美容液とは、美肌効果の高い栄養成分が濃縮された状態で含有されている基礎化粧品の一種です。肌の気になる部分に集中的に美容液を使用するなど、目的に沿ったケアができます。お肌に美容液をつけることで、肌の角質層部分にまでお肌にいい成分を届ける効果が期待されるため、シミ対策や、保湿などの目的に合わせて使います。

売り上げが高い美容液としては、目尻の小じわや、口もとのたるみを解消するために、お肌を保湿し弾力を高めるような美容液が人気です。保湿効果がある美容液だけでなく、シミやそばかすを目立たなくするような美白効果がある美容液も人気です。

美容液の種類は非常に多いので、スキンケアの結果自分の皮膚をどのように変えたいと思っているかで、選びようがあります。保湿効果の高い美容液といえば、細胞間脂質セラミドや、保水力の高いヒアルロン酸が含まれているような美容液がよいと言われています。

美白タイプの美容液にはメラニンの合成や抑制と、メラニンを定着させないように働きかけるアルブチンやビタミンC誘導体などの美白成分が配合されています。お肌の新陳代謝を活発にするEGFや、コラーゲンを配合した美容液は、アンチエイジングケアに効果が発揮されるといいます。

大抵は、クレンジングケアが終わった直後には化粧水をつけ、それから美容液をつけて、最後にクリームや乳液の順ですが、商品によっては変わります。

皮膚に少しでも多くの美容液の成分が入っていくように、まずは化粧水でお肌をしっとりさせてからがいいでしょう。人間のは、寝入っているときに破壊された細胞を修復したり、新しい細胞を作り出しています。